テレクラ女性ダイヤル川崎 テレクラ 山梨 体験

ひっしゃ「ひょっとして、体験げいのうじんをめざしているなかでしたづみちゅうのひとってテレクラ女性ダイヤル川崎、さくらをめいんのしゅうにゅうげんとしているひとがおおいものなのでしょうか?」
E(とあるゆうめいじん)「そうだとおもいますね。さくらのあるばいとって山梨、しふとじゆうだし、わたしたしみたいな、きゅうにだいやくをたのまれるようなしょくについているじんしゅにはもとめているものなんですよ。よめないあきじかんにできるし、じんせいけいけんのひとつになるし…」
C(げんあーてぃすと)「よいけいけんにはなるよね、おんなとしてやりとりをするのはくろうもするけどわれわれはだんせいだから、じぶんがうれしいことばをむこうにつたえればいいわけだし体験、だんせいしんりはおみとおしだから、おとこもよういにのってくるんですよね」
A(めんきゃばすたっふ)「かえって、テレクラおんなのこでさくらをやっているひとはさくらはりようしゃのしんりがわかってないからほんとうのところをいうとへたっすよね」
ちょしゃ「おんなのこのさくらより、おとこのさくらがむいているのですか?」
D(げいのうじむしょかんけいしゃ)「えぇ、そうですね。よりよいせいせきをのこしているのはだいたいだんせいです。といっても、ぼくはおんなのきゃらくたーをえんじるのがじょうずじゃないのでテレクラ女性ダイヤル川崎、いっつもこっぴどくいかられてます…」
E(ぼうげいにん)「がんらい、しょうじきものがばかをみるせかいですね…。じょせいになりきるのがそうぞういじょうにたいへんで…おれたちもくろうしてます」
ひっしゃ「おんなきゃらくたーをつくるっていうのも、山梨いろいろとたいへんなんですね…」
じょせいのじんかくのどのようにしてえんじきるかのはなしにはながさくかのじょら。
そのはなしのなかで、あることばをきっかけに、テレクラみずからあーてぃすととなのるCさんにしせんがあつまりました。

関連記事

Comments have been closed/disabled for this content.