滝川パンダテレホンクラブ テレクラ三鷹

むりょうをうたうであいさいとをりようするひとびとにはなしをきいてみると滝川パンダテレホンクラブ、たいはんのひとは、ひとはだこいしいというりゆうで、つかのまのかんけいをもつことができればそれでいいというみかたでであいけいさいとのゆーざーになっています。
かんたんにいうと、きゃばくらにいくおかねをだしたくないし、テレクラ三鷹ふうぞくにかけるりょうきんもけちりたいから、ただでつかえるであいけいさいとで、「げっとした」おんなのこであんかにまにあわせよう、とするちゅうねんおとこせいがであいけいさいとをもちいているのです。
そんなだんせいがいるなかテレクラ三鷹、「じょし」じんえいではすこしべつのすたんすをひそめています。
「すごくとしうえでもいいから、おかねもちでりょうりができるひとをかれしにしたい。であいけいさいとをやっているだんせいはもてそうにないようなひとだから、ちゅうのげていどのじょせいでもてだまにとることができるようになるかもしれない!ひょっとしたら、たいぷのひとがいるかも、ばーこーどあたまとかはむりだけど、かおしだいではあいたいな。ほぼかくじつにじょせいはこのようにかんがえています。
かんけつにいうと、じょせいはだんせいのがいけんかきんせんがめあてですし、滝川パンダテレホンクラブだんせいは「てごろなねだんのじょせい」をもくひょうにであいけいさいとをうんようしているのです。
にしゃとも、できるだけあんかにおかいものがしたくてであおうとしているようなものです。
そのように、であいけいさいとにはまっていくほどに、おとこはじょせいを「もの」としてみるようになりテレクラ三鷹、じょせいもじぶんじしんを「しょうひん」としてとりあつかうようにかんがえかたがへんかしてしまいます。
であいけいさいとのゆーざーのすたんすというのは、すこしずつおんなをひとではなく「もの」にしていくようなびょうてきな「かんがえかた」なのです。

関連記事

Comments have been closed/disabled for this content.